絶対的な自信を持ってお出しする桂川のお米

日本料理にとって「お米」は非常に重要な存在です。また、日本人にとって主食であるお米は、色々と変わるおかずと違い、毎日のように食するものです。もはや当たり前の存在で、意識が向かなくなることもありますが、海外で長く生活される方などからは、いかに日本のお米が美味しいかということをよく聞きます。
その日本のお米の中でも、産地や品種によってその味は様々です。コシヒカリ、ササニシキ、アキタコマチ、ヒトメボレなど有名なブランド米と言われるものでも、様々な品種があります。もちろんそれらのブランド米は卸問屋で仕入れることもできますし、一般の方々でもスーパーでお買い求めいただけます。


澄み切った湧水が最高のお米を育てる

では私達「桂川」がなぜ、特定の農家の方と契約してまでお米を仕入れているのでしょうか? 例えば「魚沼産コシヒカリ」というお米の産地のブランドがありますが、こちらは新潟県の魚沼地区で作られたコシヒカリの事を指します。ただ魚沼産と言っても、その地区のどこでどのように作られたものでも魚沼産になります。
一括して業者から産地・ブランドを指定して仕入れることはできても、その細かい部分までは指定はできません。
私達「桂川」はその微妙な味の違いにもこだわり、お客様に本当に安心して、美味しく御食事をしていただけるお米を提供するために、特定指定農家でお米を仕入れているのです。

 

桂川が使用する「お米」

桂川のお米は新潟県上越市大島区の集落、山岸さん家の田んぼで採れたお米です。この地区は山の上に沸き上がった水を、水路を作り、棚田に流して行きます。棚田は効率的にはあまり良くないと言えます。しかし手間のかかる昔ながらの手法でこそ引き立つ味があるのです。
数ある米処から桂川の料理長が、実際に現地を訪問させて頂き、見聞する中で山岸さんと出会えたのです。桂川で使うお米は山岸さん家から毎年直送頂き、大切に調理させて頂いております。